2016年07月26日

055 cream

IMG_1346.JPG
4年位探し続けただろーうか?

メルセデスは、古い年式の車両でも殆どの部品を供給し続ける会社なので、たかだか35年しか経ってない俺のTDTなんかはお金掛ければ新車の状態まで戻す事も可能だ!(・・・の筈だったのだが、此処数年は環境問題の為か?状況が変わりつつ有る様だ)

正規の代理店から買うと・・・・とんでも無い値段になるんで、外車は高いとか、維持するのにお金が掛かるとかって言うけど、ドイツの人は皆お金持ちなのか?って言うとそんな事は無く、本国ではメルセデスは只の国産車。
使い捨て前提で設計されている日本車と比べて、修理しながら乗り続ける様に設計がされてるので部品が細分化されていて格安、長く乗るなら最も経済的な車を作るメーカーだと思う(の筈だったが、此処数年は利益追求主義に傾いてる様にも思えるのは俺だけか?)

で、シートの生地も35年前と同じ物が手に入るんだけど、日本向けに輸出してくれる業者が中々見つからなかったが・・・遂に取引して頂ける業者を発見!!!!!
なんとご丁寧にサンプル迄送って頂いた、有りがたや有りがたや(^◇^)
posted by 王様の煎餅 at 16:44| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Car & Motorcycle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月21日

Alright,Let’s go!

As band dynamics go, there are few foundations as storied as Bonham’s. Fittingly, it’s Bonham’s speaking voice you hear at the beginning of this recording. “Alright,” he shouts to his bandmates against the cheering din of Madison Square Garden. It’s the first of the three nights, and he clearly feels it. “Let’s go!”

“He would either count it in on the high-hat or the classic snare drum intro,” Plant recalls, detailing the moments before their consistent show opener on the 1973 tour, “Rock And Roll.” “So everybody would have to be in position, and it would be silly if we all weren’t ready. It was Bonzo’s call to arms. And from then on there was a lot of knitting, weaving, ducking, laughing, and…” Plant indeed laughs, the oxygenated memories last a moment or two before he shrugs off the sentimentality. “Then it was the end. And that probably lasted 11 years…”
posted by 王様の煎餅 at 01:00| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Led Zeppelin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

POLO

POLO入れ始めて一年。
今度は大丈夫、全然シールを攻撃しないんで一切オイル漏れ無し。
ただ・・・アメリカじゃあ超大手メーカーみたいだけど、余り日本に入って来ないみたいで安定供給されないのが玉に瑕。
201607160958000.jpg















POLO TURBO XLD CI-4/SL,DHD-1 10W-40 AE14ID -
POLO TURBO XLD CI-4/SL,DHD-1 10W-40 AE14ID -
posted by 王様の煎餅 at 17:10| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Car & Motorcycle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

USM 復活!

IMG_1331.JPGhttp://kingbiscuit.seesaa.net/article/354480226.html
三年三ヵ月前のこの事件以来、鍵を掛けれなかった扉の鍵をよーやっと修理。
娘に「あなたが此処に何かを突っ込んだから、壊れちゃったんだよ」と話したら、ゼムクリップを指さして「これ!」っと・・・確かに詰まってました・・・2歳ん時に遊んで事を、3年経って覚えてるって・・・子供って凄いね、俺なんか今日の昼飯何食べたか思い出せないって言うのにさ。
posted by 王様の煎餅 at 23:40| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

守破離







posted by 王様の煎餅 at 07:00| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

暑ぢぃ

thumbnail_201607031104000[1].jpg
久々の休日。
大分暖かくなって来た(???)ので、カミさんの車のタイヤを、スタットレスからノーマールタイヤへ履き替え・・・・・汗だくだ。
posted by 王様の煎餅 at 11:44| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Car & Motorcycle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月16日

熊本豚骨

何故か、此処山梨には“熊本豚骨”の拉麺を出す店が一軒も無い(多分?)。
全国ラーメンなんちゃらランキングみたいなやつには必ず上位ランキングされる位メジャーなのに何故????
そこで、こんなん見つけたけどインスタント麺じゃなぁ、麺が全然ダメぇ(ToT)/~~~
たまに禁断症状が出て、高速を飛ばすのであった・・・・・。
13418477_1116610071732413_7214295167976036608_o[1].jpg
posted by 王様の煎餅 at 13:08| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Gourmet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝の持ち腐れ

昨晩、実家を漁って居たら懐かしい物が沢山発掘された・・・。
ヴィンテージFAZZ色々、前はこの何倍も有ったけど、大分処分しちまった・・・でも、GibsonのFAZZが見当たらないのは何故?サティスファクションまんまの音がするんで気に入ってたんだけどなぁ〜。ロジャーメイヤー氏の作った奴も無いぞ???
次は、これもヴィンテージのユニバーサルオーディオのコンプ・・・1176。持ってっても使う機会有るあるんだろーか?でも、手放しちまったら、もう二度と買えないもんなぁ。
そして、レキシコンのリバーブ・・・他にも、エコープレックスEP-3が二台、テルミンが三台、これまた貴重なマイクがXX本、フェンダーのトーンマスター・・・等々。
で、暗くて写真は取れなかったけど、深町純さんご本人がマキ&OZのレコーディングやステージで実際に使ってたレズリースピーカーが眠ってるのである・・・俺の手元に来た時には、既にジャック類が錆だらけで、とても使える様な状態では無かったが、此れだけはいつか日の目を見ささてあげたい。
13412873_1116498995076854_5007199408066425393_n[1].jpg13413056_1116499228410164_7137489615714717838_n[1].jpg13406777_1116507405076013_1669313791396393164_n[1].jpg
posted by 王様の煎餅 at 09:09| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Musical Instruments | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

1968 XLH

いいねぇ〜美しい
血が疼く・・・死ぬな。
http://www.streetride.jp/custom/hd-old-32/
main[1].jpg
posted by 王様の煎餅 at 12:52| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Car & Motorcycle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

帝京vs明治

小瀬の中銀スタジアム(当時は甲府市立)へ、約30年前の競技場のこけら落としで“松崎しげる”と“少女隊”“松本伊代”“あれ?イエローサブマリン音頭歌ってたの誰だっけ?”観て以来やって来た。
帝京と明治のラグビーの試合へ付き添いで……もー少しで前半戦終了、iPod持って来れば良かった(*_*)
posted by 王様の煎餅 at 12:52| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

Brough Superior motorcycles

Brough Superior motorcycles.jpg春もヒノキの花粉が飛ばなくなって来ると、“バイク乗りたい病”が再発します。
posted by 王様の煎餅 at 22:34| ロンドン ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Car & Motorcycle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

Gibson SG

thumbnail_FullSizeRender[1].jpg今年のGWは、かみさんが熱出してしまって寝てるんで、何処にも出かけずに家で色々と悪戯しとります。
昨日のベースに続いて、B氏のSG・・・ボリューム絞るとハイ落ちするんを何とかしたいってんで預かって来て腹ん中を覗いて診た・・・・・ん〜、なるへそ、こりゃあ駄目だわ(+_+)
そこで、チョチョイと開腹手術・・・本来の70年代のSGとは違うんでオリジナルがどーのとか言われると困るんだけど、プレーヤーが使う道具なんだから不満が有ったら解消出来た方が良い。
キャパシターは交換しない、抵抗も使わない、勿論ポットもスイッチもそのまま、電池なんてもっての外・・・・電気的には同じ回路のまま。
ただ少しだけ魔法を掛けました・・・キュワッパラパパ、Bちゃんののギターよ良い音になりなさぁ〜〜い!
posted by 王様の煎餅 at 03:58| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Musical Instruments | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

LAKLAND

thumbnail_FullSizeRender[1].jpg本年度、二本目に請け負ったベース。
イタリア在住の、某ベーシスト所有のLAKLAND。
先月、俺の弄ったプレベ抱いた感触を気に入って頂いての依頼だ。
始めて触ったけど、良く出来ていて生音だけでそのポテンシャルが伝わって来る・・・いいベースだなぁ〜、ちゃんとアンプ通して聴いてみたかった。
GW中に仕上げる予定だったんだけど、突然今晩仕事が入ってしまった様で使いたいとの事・・・時間が無いので調整のみで返却。
せめてナットだけは何とかしたかったなぁ〜、

posted by 王様の煎餅 at 22:50| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Musical Instruments | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

カブ踏んでちゃ抜けねぇぜ!

んとこしょ どっこいしょ
それでも おやしらずは ぬけません
せんせいは はを ふたつにわりました

うんとこしょ どっこいしょ
それでも おやしらずは ぬけません
せんせいは はを みっつにわりました

うんとこしょ どっこいしょ
それでも おやしらずは ぬけません
せんせいは はを よっつにわりました

うんとこしょ どっこいしょ
それでも おやしらずは ぬけません
せんせいは ほねを けづりました

とうとう おやしらずはぬけました・・・・いたた

kabu.jpg





金曜日に親知らず抜きました。
麻酔効いてたんで意外と抜くのは平気で、いつ抜けたのかも分からない位で楽勝だったんだけど、愕関節症の顎を無理矢理開くのが痛いのが痛かったの何んのって・・・。
術後は、これがまた首に力を入れた状態でグリグリやられたんで、過去のむち打ちの後遺症か??首の骨が飛び出てる所が重くなってしまい、どーにもこーにもなりゃしねぇーーー。
そのせいなのか?、患部のズキズキは全く気にならない・・・・・熱が有るので膝にキていて歩くのが辛い位で、脱力感は有るものの今の所は歯を抜いた所は全く平気なのだ。
posted by 王様の煎餅 at 16:37| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プリンス死んじゃった(;_;)

プリンス死んじゃった(;_;)

追記>
車ん中で聴こうと“戦慄の貴公子 ”のレコードを用意して・・・・レコード?車じゃ聞けないじゃん!?針が飛んじまう。
相当動揺していたと思われます・・・合掌

そして、Lonnie Mackまでも・・・・・・・あぁ、なんて日だ!?
posted by 王様の煎餅 at 07:27| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

支援ライブ叩きます!

・・・なんとなくそんな気ががしたのだ。
今年も震災の支援ライブ、叩かせていただく事になりました。
如何せんこんなコンデジションで請け負って良い物かとも思いましたが、ドラマーがリタイヤで困ってるBicky氏の支援って事で・・・後一週間しか有りませんが、精一杯リハビリして臨みます!!

A・S・N&Bicky
出番は17:30〜18:00
お待ちしとりますm(__)m
で・・・俺、来年度組長で、20日の晩その会議が有るんで出番が終わったら速攻で帰っちゃいますで、ごめんなさい。

Music-Cafe Buddy‎ 〜 第6回復興支援ライブ <Band Day>

15:00〜15:30  Rough Rocks
15:30〜16:00  The Dogs
16:00〜16:30  シェルター・ピープル
16:30〜17:00  マイルストーン
17:00〜17:30  ビートフールズ
17:30〜18:00  A・S・N&Bicky
18:00〜18:30  Nappa
18:30〜19:00  愛Love Buddies
19:00〜19:20  ダイナマイト・サム
19:20〜19:50  樹海の番人
19:50〜20:20  Murphy Band
20:20〜20:50  Blues Plus
20:50〜21:20  Barrel House
21:20〜       Session〜Ending

当日は特設駐車場(笛吹市様より)を借りられましたので、車でお出かけの皆様は是非ご利用下さいませ。
Buddyと駐車場間は徒歩5分程度ですのでよろしくお願いいたします。
10399739_1061776573884035_8295944057078167513_n[1].jpg

posted by 王様の煎餅 at 16:20| ロンドン 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

Keith Emerson

朝からLP3枚を大音量で聴き比べ‥‥‥‥RIP
736864_1053563498037071_668463002198133746_o[1].jpg
posted by 王様の煎餅 at 07:35| ロンドン | Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

未だ冬眠中です

何時招集が掛かっても良い様にと思い、夜中にふと思い立って数か月振りにスティックを握ってみる。
動かない‥‥自分の手じゃ無いみたいだ!
ハハハハ・・・・・笑っちゃうしかないね、駄目だこりゃ(◎_◎;)
12419113_1052888704771217_7482562979963392618_o[1].jpg
posted by 王様の煎餅 at 02:15| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月13日

★Blackstar

下記の様なニュースが!
あぁ、やっぱり・・・・・このプロモーション用の写真見た時、何か背筋が凍りついた様な気がした。
そして、憑りつかれたかの様に、ボウイのアナログ盤を探していた晩の翌日に訃報を目にした。
最後の最後まで、貴方って人は・・・・・・・・。
彼の名前を聞く度に、何故か中野サンプラザの北西方向に有ったドミノピザの前で「スパイダーツアー観たんだぁ、良いなぁ〜俺も行けばよかったぁ」と歩道を西に向かって誰かと話しながら歩いて居たのを思い出す、30年近くも前の記憶だ・・・しかし、誰と話して居るのかが思い出せないし、何故そんな所を友人と歩いてたのかも不明だ?いや、結構リアルなんだけどただの妄想かも知れない???
例えば同じ誕生日のエルビスが、今年81歳で亡くなったとしても・・「ちょっと早かったけど80過ぎてるし、ドーナッツ食い過ぎの糖尿病で失明してもう長いしなぁ〜。まぁ大往生じゃないかねぇ」なんて思ったかも知れないが・・・(失敬)
十代の頃からリアルタイムで聴いて追いかけて来た、そして現役のミュージシャンの余りに突然の訃報を中々受け止められない・・・ジミヘンも、ジャニス、ジム、ボンゾ・・・皆、死んでから出会った人達ばかりだし、フレディん時は覚悟が出来ていた、JBやピケット、トゥーサン、そして先日のオーティス等は結構なお歳だったし、まだ付き合いが10年とか20年とか浅いからかな?
しかし今回は・・・・・・・ねぇ・・・清志郎と、MJん時位か?新しいアルバム、どうやって聴いたら良いんだ!?・・・・・・・・・・・・合掌

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1月10日に亡くなったデヴィッド・ボウイさんの生前最後のシングル「Lazarus」が、ボウイさんからファンへの”別れのあいさつ” だったことが明らかになりました.

”見上げてごらん 僕は天国にいる” こんな歌詞で始まる「Lazarus」のミュージックビデオは病院のベッドで苦しむボウイさんの体が宙に浮いていくシーンなどが描かれています。
そして曲の後半では”僕は自由になるんだ。あの青い鳥のように。僕らしいだろう?”と歌い、ボウイさんは暗いクローゼットの中に吸い込まれるように入っていきます。
ボウイさんが亡くなる2日前にニューアルバム「Blackstar」がリリースされました。そして生前最後のシングルとなった「Lazarus」のMVが公開されると、ファンの間で「曲の歌詞とビデオの内容がリアルすぎる」と話題になりました。
しかしそれは単なる偶然ではなく、実はボウイさん自身が周到に用意したファンへの”最後のギフト” だったことを、「Blackstar」のプロデューサーであるトニー・ヴィスコンティ氏が明かしたのです。

Tony Visconti
ニューヨーク January 11 at 5:49pm ・
He always did what he wanted to do. And he wanted to do it his way and he wanted to do it the best way. His death was no different from his life - a work of Art. He made Blackstar for us, his parting gift. I knew for a year this was the way it would be. I wasn't, however, prepared for it. He was an extraordinary man, full of love and life. He will always be with us. For now, it is appropriate to cry.

“彼はいつも自分がしたいことをしました。そして彼はそれを自分のやり方で、ベストな方法でしたかったのです。彼の死は彼の人生と同じように”芸術作品”でした。彼は私たちへの別れのギフトとして「Blackstar」を作ったのです。私は1年前からこの作品がこのように使われることは知っていました。しかし、(心の)準備は出来ていなかった。彼は愛と活力に満ち溢れた素晴らしい男性でした。彼はこれからもいつだって私たちと共にいるでしょう。そして今は泣いていい時です。”
Tony ViscontiFacebookより引用(和訳)

18カ月もの間ガンと闘っていたというボウイさん。ファンへの最後のギフトとなった「Blackstar」がこのタイミングでリリースされたのもすべて、死期を悟った彼の計画どおりだったのです。

自らの死をも作品として残した偉大なるアーティスト、デヴィッド・ボウイさん。その類まれなる才能は今後も長きにわたって語り継がれることでしょう。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

posted by 王様の煎餅 at 23:28| ロンドン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

THORENS TD147

TD147.jpgJimmy Pageさん愛用のトーレンス T147・・・イギリス人なんで、まぁ当然と言えば当然。
いいなぁ〜・・・これも天板が四点支持なのね。
昔〜し、ゼネラル製の、天板がフローティングしててアイドラードライブのプレーヤー持ってた時期が有って、決して音は良く無かったけど力強かった。
俺の今使ってるプレーヤーも悪くは無いんだけどねぇ、置き場所に問題有り。
キャビネットにガチガチに嵌ってるんで、音量上げると床の振動拾ってハウるんのは勘弁してほしい(どんなにデカい音なんだ?)・・・速く眠ってるガラードを復活させよう!動かさないと錆付いてまう。
posted by 王様の煎餅 at 21:38| ロンドン ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする